暮らしのマネーニュース

投資、年金、節約情報など暮らしに役立つマネーニュースを配信

クレジットカードの海外旅行保険の使い方

世界各国で使うことができ、海外旅行に欠かせないクレジットカードですが、クレジットカードには海外旅行保険が付帯されているものがあります。

 

クレジットカードに付帯された海外旅行保険を賢く使うにはどうすればよいのでしょうか。

 

クレジットカードの海外旅行保険

 

 

 

自動付帯と利用付帯

まずクレジットカードの海外旅行保険を利用しようとするうえで知っておいていただきたいのは、クレジットカードの海外旅行保険には自動付帯と利用付帯の2種類があるということです。

 

・自動付帯 クレジットカードを持っているだけで補償が受けられる

 

・利用付帯 クレジットカードで旅行代金を払った場合のみ補償が受けられる。

 

利用付帯の場合は、旅行代金をそのクレジットカードで支払う必要があるので、そのクレジットカードの海外旅行保険だけでは補償内容が足りない場合、ほかのカードも検討する必要があります。

 

 

クレジットカードの補償額は合算(上乗せ)できる

クレジットカードの海外旅行保険は、複数のカードを持っていればそれらのカードの補償額を合算(上乗せ)することができるという特徴があります。

 

例えば、治療費用を100万円まで補償してくれるカードを2種類持っていた場合は、合わせて200万円まで補償をしてもらうことが可能ということです。

 

海外旅行保険の代金を節約したい!という方は、複数のカードを併用して必要な補償額が得られるようにすると良いでしょう。

 

 

海外旅行保険を付けるならこのカードがおすすめ

海外旅行保険を目的にクレジットカードを作る場合のおすすめカードをご紹介します。

 

どちらのカードも海外旅行保険が自動付帯で、かつ、年会費無料のクレジットカードなので、海外旅行がお好きな方は作っておいて損はないはずです。

 

①REX CARD(レックスカード)

・年会費 無料

・海外旅行保険 自動付帯

・治療費用 200万円

・救援者費用 200万円

 

REX CARDは、年会費無料でありながら還元率も1.25%と高く、貯めたポイントをクレジットカードの支払いに充当することができるメインカード最有力のクレジットカードです。

海外旅行保険目的でクレジットカードを選ぶ場合でも、保険が自動付帯なので海外旅行保険の代金の節約にもなります。

 

 

 

②エポスカード

・年会費 無料

・海外旅行保険 自動付帯

・疾病治療 270万円

・障害治療 200万円

・救援者費用 100万円

 

エポスカードも、年会費が無料で海外保険が自動付帯となっているクレジットカードです。

エポスカードは、還元率こそそこまで高くありませんが、提携店で提示するだけで様々な割引、特典が受けられるカードなので作っておいて損はないカードです。

 

 

 

まとめ

海外旅行の旅先での支払いに便利なクレジットカードですが、海外旅行保険を活用するとさらにお得です。

 

クレジットカードのメリットを最大限に活用して賢く海外旅行を楽しみましょう。