暮らしのマネーニュース

投資、年金、節約情報など暮らしに役立つマネーニュースを配信

リクルートカードは 電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる!(2019年版)ポイントはpontaに交換でき使いやすい

リクルートカードは、あのリクルートが発行元のカードと思われがちですが、実は発行ブランドによりVISA / MasterCardが三菱UFJニコス、JCBが株式会社JCB発行元となっているクレジットカードです。

 

つまりリクルートはリクルートカードの発行&管理を担当しているのではなく、あくまで募集の窓口を担当しているのみということになります。

 

リクルートカードは高還元率で年会費無料

 今回はこのリクルートについて、還元率、年会費、メリットなどを解説していきたいと思います。

 

 


還元率 1.2%〜4.2%

リクルートは通常のお買い物で1.2%の還元率となるほか、J電子マネーへのチャージにも対応しており、高還元率でポイントをためることができます。

 

また、リクルートのネットサービスの利用では更に還元率が高くなります。

 

ポンパレモールでのお買い物→4.2%

じゃらんでの宿泊予約→3.2%

 

 

 電子マネーへのチャージによるポイント付与については、どの国際ブランドでカードを作るかによって対応状況が異なるのでご注意ください。

 

  VISA MASTER JCB
nanaco
モバイルsuica
楽天Edy ×

※電子マネーへのチャージは月3万円までがポイント付与の対象。

 

ポイントの付与計算

ポイントの付与は月間の利用額×1.2%(端数切捨)で付与されるので、利用額の無駄が出にくいのが特徴です。


また、ポイントはじゃらんをはじめとしたリクルートの各種サービスで利用できる以外にも、pontaポイントへの交換(1ポイント単位で可)も可能です。

 

カードの締め日と支払日

請求金額の締め日は毎月15日、支払日は翌月10日(銀行休日の場合は翌営業日)となっています。

 

 

支払い方法

ショッピング1回払い、ショッピング分割払い、リボ払い、ボーナス1回払いから選択することができます。金利手数料の発生しないショッピング1回払いで支払いをしましょう。

 


年会費

年会費、カード発行手数料、解約手数料はすべて無料です。

 

 

国際ブランド 

visa master card jcb

 


まとめ

リクルートカードは、通常の還元率も非常に高く各種電子マネーへのチャージでもポイントが貯まるため1枚もっておくとお得なカードです。