暮らしのマネーニュース

投資、年金、節約情報など暮らしに役立つマネーニュースを配信

楽天カードで楽天スーパーポイントがどんどん貯まる。ポイント還元率、海外旅行保険、年会費は?(2019年版)

楽天カードは、楽天グループの楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードで、楽天ショッピングや電子マネーの楽天edyのユーザーに大変お得なカードです。

 

楽天カードの還元率、年会費、メリットを解説


 今回はこの楽天カードについて、還元率、年会費、メリットなどを解説していきたいと思います。

 

 

還元率は 0.5〜3.0%

還元率1.0%

通常のショッピング

 

還元率2~3%

楽天市場でのショッピングをはじめ、楽天ブックス、楽天トラベルなどの楽天系列のサービス利用時には、還元率がアップします。

 

還元率0.5%

楽天カードから、楽天カードに付帯されている電子マネーの楽天Edyへチャージした場合には、還元率は0.5%となります。

 

また、楽天Edyをお買い物で使用した際にも0.5%相当のポイントが付きますので、合計すると楽天Edyの使用による還元率は1.0%にすることができます。

 

 

ポイントの端数計算

楽天カードで貯まるポイントは月間の利用額100円ごとに付与されることになっています。そのため、毎月100円未満の利用額は切捨てになってしまいます。

 

 

ポイントの利用方法

楽天カードの利用で貯まったポイントは、楽天のサービスのほか楽天ポイントカードの加盟店でも利用することができます。

 

特に楽天ポイントカードの加盟店は、急激に対象店舗を拡大しているため普段利用される店舗が一つ以上はあるのではないでしょうか。

 

また、ポイントは電子マネーの楽天Edyへのチャージにも使えるので、非常に使い勝手の良いポイントと言えます。

 

楽天系列のサービス

楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルをはじめとする各種楽天のサービスで1ポイント=1円として使用することができます。


楽天ポイントカード加盟店

楽天ポイントカードの加盟店では、1ポイント=1円としてポイントを使用することができます。代表的な加盟店をいくつかご紹介します。

 

・マクドナルド
・大戸屋(定食屋)
・くら寿司
・ミスタードーナツ
・リンガーハット
・ビックカメラ
・大丸、松坂屋
・出光石油
・コスモ石油

 

楽天Edyに交換

楽天カードで貯めたポイントは、1ポイント=楽天Edy1円 として、楽天Edyにチャージすることができます。

  

 

ポイントの有効期間

通常ポイント

最後にポイントを獲得した日から1年間が有効期間となります。

 

期間内に1度でもポイントを獲得した場合は有効期限が延長となります。

 

つまり、期間中に100円以上の支払いをするだけで有効期間を延長させることができるのでポイント消滅のリスクは極めて少ないカードと言えます。

 

 

期間限定ポイント

期間限定ポイントについては延長の仕組みはなく別途決められた一定期間となっています。

 

 

楽天カードは楽天edy、楽天ポイントカードと一体型にできる

楽天カードは、楽天edyと楽天ポイントカードと一体型にすることができるので、楽天edyや楽天ポイントカードを利用している方にとっては複数のカードをまとめることができます。

 

楽天edyは、全国35万店以上で使用することができる電子マネーで200円の利用ごとに1楽天スーパーポイントが貯まります。

 

また、楽天edyはチャージの際にクレジットカードを利用することができるので、チャージの時と利用の時でポイントの2重取りをすることができます。

 

 

海外旅行保険

楽天カードの海外旅行保険は、「利用付帯」と呼ばれるタイプの海外旅行保険で、楽天カードで定められた支払いをした場合のみ海外旅行保険が適用になります。

 

海外旅行保険の適用要件

下記の①、②のいずれかを楽天カードで支払っている場合に海外旅行保険が適用となります。

 

①自宅から出発空港までの交通費(電車、バス、タクシー、国内航空券代等)

 

②海外旅行代金(海外航空券代、海外ツアー料金)

 

自宅から出発空港までの自家用車代(ガソリン代や高速道路料金など)、レンタカー料金、空港利用税などは、上記の①、②に含まれていませんので、楽天カードで海外旅行保険の適用を受けようとする場合は、ぜひご注意ください。

 

 

補償内容

補償内容としては、一般的なクレジットカード付帯海外旅行保険の内容となっています。

・障害死亡、後遺障害(最高2000万円)

・障害治療費用(最高200万円)

・疾病治療費用(最高200万円)

・賠償責任(最高2000万円)

・救援者費用(最高200万円)

・携行品損害(最高20万円) 

 

 

カードの締め日と支払日

請求金額の締め日は毎月月末、支払日は翌月27日(銀行休日の場合は翌営業日)となっています。

 


年会費

年会費、カード発行手数料、解約手数料はすべて無料です。

 


国際ブランド 

visa master card jcb american express


楽天カードは、日本のクレジットカードでは珍しく、2018年9月からAmericanExpressブランドが追加されました。

 

これによりVISA、Mastercard、JCB、AmericanExpressの4種類の国際ブランドに対応となりました。

 

 

まとめ

楽天カードは、通常時の還元率も1%と高いので楽天ユーザーに限らずメインカードとして利用いただけるスペックだと思います。

 

私も楽天Edyへのチャージの時には、楽天カードを使用してポイントを貯めています。

 

楽天カードのデメリットと言えば、楽天からの宣伝メールがたくさん届くようになってしまうというところくらいでしょうか。

 

そのほかは、年会費無料でポイントもとても貯まりやすいカードなのでメインカードを探している方にもぴったりのカードでしょう。