暮らしのマネーニュース

投資、年金、節約情報など暮らしに役立つマネーニュースを配信

dカードゴールドはドコモケータイ、ドコモ光の利用で10%ポイント還元。

dカードゴールドは、ドコモが発行しているクレジットカードで、ドコモのケータイ又はドコモ光の利用料金から10%ポイント還元が得られるカードです。

 

dカードゴールドの還元率、年会費は?

 

今回はこのdカードゴールドについて、還元率、年会費、メリットなどを解説していきたいと思います。

 

 

還元率

通常のお買い物

1.0%

 ドコモケータイ、ドコモ光の

利用料のお支払い

10.0%

 ローソン

でのお支払い

5.0%

オリックスレンタカー

でのお支払い

4.0%

スターバックスカード

ドトールバリューカード

へのチャージ

4.0%

マツモトキヨシ
ビックエコー(カラオケ)

JTB

でのお支払い

3.0%

ルートイン、JAL

高島屋、伊勢丹、三越

紀伊国屋書店 でのお支払い

2.0%

 

dカードゴールドの最大の特徴は、ドコモのケータイやドコモ光を利用した場合のポイント還元率が10%もあることです。

 

ドコモのケータイやドコモ光の利用者の場合は、これだけでも年会費10,000円相当を回収できるかもしれません。

 

そのほかの提携店でのポイント還元率は基本的にdカードと同様になります。

 


ポイントの交換先

dポイントを貯めると、1ポイントを以下のポイントに交換が可能です。

交換先 交換単位

Pontaポイント 

1ポイント

5000ポイント以上
5000ポイント単位

※交換手数料250ポイントが

掛かります。

 

 pontaポイントへの交換は、交換単位が5000ポイントと大きいので交換が頻繁にできないのに加え、交換時に手数料250ポイントを取られてしまうというデメリットがあります。

 

そのほかにdポイントはローソン、マクドナルド、マツモトキヨシ、ドコモのケータイ料金の支払いなどの使い道が用意されています。dカードの最大のメリットはローソンでの高還元率なので、ローソンを利用しながら都度dポイントを支払いに充当するのが賢い使い方でしょう。

 

 

海外旅行保険が自動付帯

dカードゴールドには海外旅行保険が自動付帯となっています。

 

クレジットカードの海外旅行保険の多くは利用付帯(そのクレジットカードで旅行代金を決済した場合のみ海外旅行保険が有効となる)ですが、dカードゴールドは自動付帯(そのクレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が有効となる)がついており、ゴールドカードならではの手厚いサービスとなっています。

 

<保障内容>

・死亡、後遺障害 5,000万円

・障害治療、疾病治療 300万円

 

海外旅行中は慣れない環境で病気やケガのリスクも高まりますし、何より海外で病院に係ると治療費が高額になりがちです。

 

それに備えるための海外旅行保険を代替できるのは、頻繁に海外に行く方には大きなメリットになりますね。

 

 

空港のラウンジを無料で利用可能

日本全国29の空港とハワイの空港でdカードゴールドを提示することでラウンジを無料で利用することができます。旅行や出張で空港を頻繁に利用する方には大きなメリットになるでしょう。

 

 

カードの締め日と支払日

請求金額の締め日は毎月15日、支払日は翌月10日となっています。

 

 

カードショッピング利用枠

上限300万円(要審査)

 

支払い方法

1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払い、分割払いから選択することができます。金利手数料の発生しない1回払い、2回払い、ボーナス払いで支払いをしましょう。

 


年会費

年会費は10,000円(税抜)となっています。dカードゴールドのポイントや特典でこの年会費以上に得をできるかがカードを選ぶ基準ですね。

 

 

国際ブランド 

visa master card

 

 

申し込み資格

・満20歳以上の方(学生は除く)

・安定した継続収入がある方 など


まとめ

dカードゴールドは、ドコモユーザーにとっては特典が大きいカードです。

 

しかし、年会費が10,000円と高額になるので、年会費無料のクレジットカードと比較をして年会費相当額以上のメリットがあると感じた場合に申し込みをされると良いでしょう。