暮らしのマネーニュース

投資、年金、節約情報など暮らしに役立つマネーニュースを配信

ビックカメラビューカードはSuicaチャージでポイントが貯まる!年1回使えば年会費も無料(2019年4月版)

4ビックカメラビューカードは、家電量販店のビックカメラが発行しているクレジットカードで、Suica機能がついていることが特徴のカードです。Suica機能がついているだけあり、Suicaへのチャージをこのカードで行った時に最大のメリットを発揮します。

 

 今回はこのビックカメラビューカードについて、還元率、年会費、メリットなどを解説していきたいと思います。

 


還元率

通常の買い物の場合 1.0%

Suicaへのチャージなど

VIEWプラス対象商品・サービスの利用

1.5%
ビックカメラでの買い物で付帯suica利用 11.5%

ビックカメラビューカードの最大の特徴は、suicaへのチャージをした際に1.5%ものポイントが付与される点です。

 

また、乗車券、定期券、回数券、特急券などをJR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機で購入された場合にも同様に1.5%相当のポイントが付与されます。

 

さらに、ビックカメラでの買い物の際にビックカメラビューカード付帯のsuicaで買い物をすると還元率は11.5%にもなります。(買い物時のポイント10%+suicaチャージ1.5%)

 

ただし、suicaへのチャージは現状2万円が限度なので高額な商品の利用時にはこの特典を使用するとこができません。

 

 

利用明細をweb閲覧に設定するだけで年600円相当が貯まる

ビックカメラビューカードには、Web明細ポイントサービスというものがあります。これは、毎月のクレジットカードの利用明細の郵送をやめて、WEB上で確認するサービスに登録することで、毎月50円分のポイントがもらえるサービスです。これだけで、年間600円も稼ぐことができます。

 

 

ポイントの利用方法

貯まったポイントはSuicaにチャージして電子マネーとして使用することができます。

ポイントからこsuicaへのチャージはJRの駅にあるATM 「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)から行うことができます。

 

 

カードの締め日と支払日

請求金額の締め日は月末、支払日は翌々月4日日支払い(銀行休日の場合は翌営業日)となっています。

 


年会費

基本年会費は477円/年(税抜)となっていますが、年1回以上使用することで翌年の年会費が無料になるため多くの方が無料でお持ちいただけるでしょう。

 

国際ブランド 

visa

国際ブランドで選択できるのはvisaのみとなっています。

 

 

まとめ  

ビックカメラビューカードは、ビューカードの中でも年会費を無料にするための要件が最も簡単なカードです。

 

関東圏にお住まいで通勤通学に電車を利用される方には必携のカードと言えるでしょう。