暮らしのマネーニュース

投資、年金、節約情報など暮らしに役立つマネーニュースを配信

クレジットカードの支払い方法

今回はクレジットカードの支払い方法について解説をしていきます。

 

クレジットカードにはいくつかの支払い方法が用意されていますが、できる限り手数料のかからない方法で支払いを行っていかないとポイントが貯まることによるメリットより手数料によるデメリットのほうが大きくなってしまいますので注意してください。

 

クレジットカードの支払い方法

 

 

 

支払い方法の種類

・1回払い

買い物をした翌月に一括で支払いを行う方法。手数料(金利)は掛かりません。

 

 

・2回払い

買い物をした翌月と翌々月に二分割で方法。一般的に手数料(金利)は掛かりませんが、そのクレジットカードの規定を確認してから利用しましょう。

 

 

・ボーナス払い

買い物をした後、年二回のボーナス月に一括で支払う方法。一般的に手数料(金利)は掛かりませんが、そのクレジットカードの規定を確認してから利用しましょう。

 

ボーナス払いは手数料が掛からずに最も支払いを遅らせることができる支払い方法なので、実は全ての支払方法の中で最もお得な支払い方法になります。支払時期を遅らせることができればその間定期預金にお金を預けておけば多少の金利が付けることができます。

 

 

・分割払い(3回以上)

買い物をした後、翌月、翌々月・・・とひと月ごとに分割して支払いを行う方法。分割回数としては24回(2年)、36回(3年)程度までとしているクレジットカードが一般的です。分割払いは手数料(金利)が掛かりますので、基本的には利用しないようにしましょう。

 

 

・リボルビング払い

買い物代金がいくらであっても、毎月の支払額が一定になる支払い方法。毎月の支払額が一定なのは確かに便利ですが、手数料(金利)が掛かる支払い方法になりますので、基本的には利用しないようにしましょう。

 

 

まとめ

クレジットカードは、個人の信用に基づいて支払いをまとめたり、遅らせたりすることができる大変便利なものですが、使い方を誤ると自分の支払い能力を超えて支出をしてしまう恐れもあります。

 

クレジットカードを使用するときは必ず自分の支払い可能な支出の範囲を把握して、手数料のかからない1回払いやボーナス払いを利用して支払いをするようにしてください。